外壁の塗装に適した時期はいつ?

  1. HOME >

外壁の塗装に適した時期はいつ?

家族で暮らすなかで、外壁の塗装について考えることは、ほとんど無いと思います。しかし外壁は太陽や雨の影響を受けながら、毎日の劣化し続けているのは確かです。塗装が剥がれてしまうと防水機能が失われて、外壁が直接ダメージを受けるようになります。すると、住まい自体の寿命が縮んでしまうのです。一般的に外壁塗装は10年おきに塗り直しが必要だといわれています。定期的にメンテナンスすることで、幸せな家族の時間は長くなるのです。
外壁は住まいの美観を担う役割がありますが、同時に機能的な役割を持っていることを熟知しておきましょう。
10年に一度の大きな買い物なので、外壁の塗装工事は決して安い買い物ではありません。塗装は業者の腕や姿勢によって大きく品質が変わります。失敗しないように、慎重に依頼する必要があるのです。業者の選び方については、こちらの記事をご参考になさってください。今回は、外壁塗装に適した季節・時期についてご紹介します。若干、仕上がりの品質を左右するポイントでもありますので、ぜひご覧ください。

■塗装工事が不可能な季節はない?

塗装工事を長年手掛けてきた専門家から見ても、外壁の塗装は年中できます。塗料や工法に工夫を凝らしながら施工することで高いクオリティを保てるのは確かです。
ただし、どうしてもできないのが雨や雪の日です。塗料が流れてしまうので、物理的に不可能です。雨季や大雪の季節などのご依頼は避けたほうがいいでしょう。連日、作業ができないと、完成が遅れてしまいます。
また気温が5度を下回ったり、結露によって外壁の表面が湿っていたりすると、塗料が上手くのらないので施工を断念します。湿度が90%近い日もやはり同じ理由で塗装できません。

■外壁の塗装に適した季節は?

外壁の塗装に適した時期は、一般的に塗料がのりやすく、硬化しやすい条件として「気温15~30℃、湿度75%以下」が挙げられます。ただし施工中は窓を閉め切ります。また室外機も養生するので、使えなくなるリスクもあることを考えると、真夏の施工はおすすめしません。締め切っても過ごしやすい季節に塗装工事を依頼するのがおすすめです。
結果、春か秋が最も外壁塗装に適しているといえるでしょう。
温湿度を踏まえた結果、関東地方では4月から5月と10、11月が最適です。塗装の仕上がりが美しくなりやすい時期だといえます。
ただし季節ごとにデメリットもあります。
6月だと雨季に差し掛かることもあって、施工がストップしてしまう可能性があることや、黄砂が飛散し、ゴミがついてしまうことがあるでしょう。また外壁塗装の依頼が殺到するため、早めに予約をしておく必要があります。
10、11月だと秋雨や台風の心配があります。またこちらも人気の季節なので、希望通りのスケジュールを抑えるのに苦労する可能性があるでしょう。
雨や風などの天候の問題は対策の打ちようがありません。もし春か秋に外壁塗装をなさる予定の方は、できるだけ早く業者に連絡しておくことをおすすめします。

■安くはない買い物だから、確実に高品質な仕上がりを

湿度や温度によって外壁塗装の仕上がりは若干変わります。微々たる影響とはいえ、安くはない買い物なので、できるだけ適した時期に施工しましょう。昌栄では、それぞれのお客様に合った塗装のデザインや塗料、施工のタイミングなどをお打ち合わせさせていただいております。
横須賀市、横浜市、逗子市、葉山町、鎌倉市、三浦市周辺にお住まいの方は、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせはこちら

<受付時間9:00~17:00>
0120-603-421

工事のご相談やお問い合わせはお電話・FAX・メールにて承っております。
小さなことでもご遠慮なく、昌栄にお任せください!

© 2021 横須賀の外壁塗装・屋根塗装の専門店 株式会社昌栄です!