外壁塗装豆知識

 

施工について

外壁塗装依頼時は、屋根塗装も一緒にした方がよいのでしょうか?

外壁塗装と屋根塗装を分けて行うと、それぞれの工事で足場をかけなければならず、足場代が2倍かかってしまいます。そのため、外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うほうがお得です。

施工期間はどのくらいですか?

塗り面積や職人の数、外壁の状態により異なりますが、30坪の塗装の場合でおおよそ10日程度の作業日数が必要です。
強風、雨天時など天候によって作業が出来ない日もありますので、足場の設置から撤去までに2~3週間程度かかる場合が多いです。

塗装前に準備しておくことはありますか?

特にありませんが、外壁のすぐそばにあるプランターなどは移動していただけますと助かります。

「養生」とは、どんなことをするのですか?

塗装しない部分や塗料を付着させたくない箇所を、ビニールやテープで覆って塗料の付着を防止します。

外壁塗装前に、なぜ外壁の洗浄をするのでしょうか?

外壁が汚れたまま塗装をすると、塗料が外壁に接着しづらくなるからです。そのため、塗装後も早期に塗料の剥がれや浮きが生じてしまいます。

外壁にひび割れがある状態でも、外壁塗装をしてくれますか?

ひび割れがある状態でも外壁塗装はいたします。ひび割れの状態に応じて、コーキングや下地処理をいたしますので、ご安心ください。

塗料が飛散して近隣に迷惑がかかったりしませんか?

足場を組んだ際に飛散防止シートを使い、周囲へ塗料が飛び散らないようにしています。
天候によって強風のため塗料が飛び散ってしまうような時は現場判断で作業を行わないこともあります。

ご近所の方への対応はどのようにされますか。

近隣住民の方々への配慮として、施工前に手紙や粗品をつけて挨拶に回ります。その際にどのような工事をするのか、どう配慮するのかスタッフがご説明いたします。

作業について

塗装中は、窓を開けられませんか?

最初にご相談いただけますと、窓が開けられる様に対処いたしますのでお気軽にご相談ください。

塗装中は、自宅にいないといけませんか?

もちろん、お仕事や、外出をしていただいて問題ありません。
※外出される際は戸締りの徹底をお願いいたします。
作業進捗は各工程ごとに記録を取っておりますので、進捗報告をご希望の方はスタッフにお申し付けください。

雨の日でも作業をしますか?

足場組み、洗浄など雨が仕上がりに影響しない作業は雨天時も行います。雨が降ると仕上がりに影響がでてくるため、作業を延期させていただきます。
また、暴風雨、吹雪といった作業に危険が伴う天候の日は、全ての作業を延期させていただきます。

工事中はお茶などを出したほうが良い?

お客様のお手間になってしまいますので、お気持ちだけで充分です。

自宅のお手洗いを提供する必要はありますか?

基本的に、職人がお宅にお邪魔してお手洗いをお借りすることはございません。

塗料について

昌栄で使っている塗料はどのようなものですか?

日本ペイントを始めとする関西ペイント、エスケー化研など国内有名塗料メーカーを広く取り扱っています。 これまで培ってきた現場経験から、住まいの経年劣化状況に最適な「下地強化剤」と「塗料」を厳選しています。

安い塗料のデメリットはなんですか?

塗料は高いから良いというものでもありません。お客様のご要望と、外壁に適した物を使わせていただいておりますので、お打ち合わせ時によく相談させて頂きます。

塗装完了後のイメージが違っていたのですが、色の変更はできますか?

一度塗ってしまうと再度塗り直しするのはとても難しくなってしまいます。弊社では施工の前に、ご納得頂けますように、見本板の提出やシュミレーションを行っております。

塗料についてはこちらのページもご参考にしてください。

見積について

他社に相見積もりをお願いしているのですが

何社かのお見積書や仕様書を比較検討することで、施工についての理解が深まることと思いますので、もちろん結構です。

外壁塗装一括見積もりサイトについて

一括見積業者は紹介料と業者からの成功報酬によって成り立っています。見積案件を数社に紹介することで各社から定額を入金するシステムになっている場合もありますし、多くは契約報酬として請負金額の10~15%を入金するシステムとなっております。第三者機関というのはあくまで自称第三者機関であって、企業に対し、施工品質や経営品質を客観的に評価できるような尺度を持ち合わせてはおりません。現場まで足を運んで施工品質を確認することもなく、業者に見積案件を紹介することで収入を得ている営利企業であることは事実です。

また、一括見積もりサイトでは、どのような業者が紹介されるのか事前に分かりません。
一括見積もりサイトの登録業者には、トラブル防止やトラブルの際の対応について詳細な取決めが無く、各施工業者に丸投げしている事がほとんどです。

外壁塗装は、非常に施工トラブルが起こりやすい工事だと言えます。
塗装が膨れた、塗装が割れた、塗装がすぐに剥がれてしまった、近隣の方からのクレームなどなど、口コミやインターネットを見ても、施工トラブルがかなり発生している事が分かります。
誠実で施工実績が豊富な施工業者でしたら、施工トラブルの予防として細部まで気を使ってくれますが、どの施工業者も完璧に対応できるという訳ではありません。このトラブル対応において、窓口となった一括見積もりサイトが一切責任を負わないという点が大きなデメリットと言えます。

また参加業者は、直接お問い合わせ下さったお客様と同じ施工品質の工事を提供しようと思えば、通常の提示価格に10~15%の経費を上乗せしなければならないので、必ずしも高い施工品質を安い価格で提供するという事にはならない、というところをご注意して頂ければと思います。

他社にもお見積もりをお願いしているのですが、どちらが良いか決めかねてしまいます

塗装工事は完成品を売っている訳ではなく、どのような工事をするかは見積もり時では決まっていないため、安い=お得、高い=ダメとはいえません。

まず、それぞれの会社の工事の内容を確認してください。
特に下地処理にどのような工程を行うかを確認してください。
何も明記されていない場合は、下地処理の有無についてお電話で確認してみるのも良いかと思います。
この時点で、下地処理の有無をうやむやに説明する業者はお断りしたほうが良いでしょう。

次に、どのような塗料で仕上げるのかを屋根、外壁ともに確認してください。
(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素樹脂など。または、光触媒や遮熱塗料)

そして、1日平均何人の職人が工事に携わり、何日程度かかるのか確認してみてください。
この時点で、工事に関して何人の職人が携わるかわからないと言う業者はお断りしたほうが良いと言えます。

以上、上記の段階を踏まえ各業者に確認する過程で、対応の誠実性などを比較し、信頼を置ける会社にお願いするのが良いと思われます。
安い場合でも施工品質の低い手抜き寸前の工事の場合もありますし、高い場合でも高い施工品質を前提とした適正価格の場合もあります。
もちろん、価格が安くて施工品質が高い工事が一番で、このような宣伝文句を目にすることも多いと思いますが、現実は全く異なる場合も多々あります事をご承知おきください。

お支払いについて

追加費用が発生することはどんな場合ですか?

お見積りを提出後に追加費用が発生するケースは、お客様から追加のご要望(外壁以外に、屋根や軒天などの塗装)があった場合のみです。

雷雨や台風などで、施工期間が延長した際は、追加料金がかかりますか?

天候不良の理由による施行延期に関しては、追加料金はかかりませんのでご安心ください。

昌栄について

契約時や着工時に費用がかかりますか?

弊社は契約金や着手金は一切発生いたしません。基本的には、工事完了後1週間以内に全額銀行振り込みとさせて頂いております。

分割払いはできますか?

当社は信販会社とも提携していますので分割払いにも対応させて頂いております。
但し、信販会社の審査がありますことをご理解くださいませ。

昌栄の事務所で打ち合わせをすることはできますか?

ホームページだけで営業し実体のない会社もあるので、お客様のご不安は良くわかります。事前にお電話かメールで、ご希望の日時をご連絡ください。
事務所には塗料の各種カタログ、色見本等も揃っております。ご不安な点や不明な点などありましたらその場で明確にお応えさせて頂きます。また、お図面と外観のお写真があればその場で概算費用を出すことも出来ます。

昌栄は地元密着の企業ですので、しつこいセールスは致しません。ご安心していらしてください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

<受付時間9:00~17:00>
0120-603-421

工事のご相談やお問い合わせはお電話・FAX・メールにて承っております。
小さなことでもご遠慮なく、昌栄にお任せください!