塗装工事マメ知識

外壁塗装、初めての始め方

初めての外壁塗装

外壁塗装って何をどうしたら良いか分からない…。

「はじめて外壁塗装の見積もりを依頼したけど、よくわからない」
壁のヒビ割れが気になってきたけど、どうしたら良いのだろう…。

初めての外壁塗装では、分からないことも分からない状態の方も多いと思います。

「一度、塗り替えたら、次は10年後かそれ以上」というのが外壁塗装のサイクルです。失敗が許されないからこそ工事を頼むのならば優良業者にお願いしたいところですよね。

残念ながらリフォームには悪質な業者も多いというイメージがあり、どこに任せれば良いか迷っているという方もいるでしょう。でも、ご安心ください。外壁塗装や屋根塗装などのリフォームは10年に1回程度ですから、慣れている方はほとんどいらっしゃいません。

初めての外壁塗装であっても、皆さまが安心して始められますよう、この記事をご参考にして頂ければ幸いです。

外壁塗装工事をするに際し、事前に知っておいた方が良い事は以下の6つです。

①塗装時期②費用相場③塗料の選び方④工事の流れ⑤色の選び方⑥業者の選び方

これらをおさえておけば、初めての方でも失敗のない塗装工事が出来ます。

外壁塗装の適正時期

では、いったいどの程度のタイミングで塗装が必要なのでしょうか。時期は目安の年数(約10年)と外壁の劣化症状で判断していきます。
多くのお家の場合、下記のような現象が起きます。多いのはシーリングの痩せ、コケや藻の付着、外壁塗装のひび割れ、外壁塗装や屋根塗装の色あせ、塗装の剥離といった現象です。

症状概要
チョーキング現象
チョーキング
塗膜成分が劣化して白い粉(顔料)が露出しています。このままだと紫外線・雨水等が防げなくなり、ヒビ割れなどの劣化を引き起こします。
苔が生える
藻・カビ・コケの繁殖
塗装部分に汚れや雨水が溜まることで、藻・カビ・コケが発生するようになります。特に北面や日が当たりづらい面はカビ・コケが繁殖しやすいので確認してみて下さい。
ひび割れした壁
ヒビ割れ
長年の紫外線・雨風の影響で、塗装の膜が徐々に削られていき薄くなり、ヒビが入りやすくなります。ヘアークラックと呼ばれる薄いものから
構造クラックなどの大きなヒビまで様々ですが、どのヒビもいずれ大きくなり雨漏りを引き起こす要因になります。
壁が剥がれる
剥がれ


外壁塗装が剥がれ・めくれが発生した場合は、塗装の効果がすでに切れていて、建物の防水性が無くなっています。
放置していると、建物に重大な劣化を引き起こしたり、本来かかることのなかった無駄な費用がかかる場合があります。

エフロレッセンス
白華(エフロレッセンス)
コンクリートやモルタルなどから、内部の水酸化カルシウムが雨などの水分により目地やクラックから流れだす現象です。
防水効果が低下しているサインです。
庇施工前
金属部の錆
金属はサビが発生します。最近のガルバリウムはサビが発生しにくい材料ですが傷などからサビの発生、腐食につながります。
シーリング施工前
コーキングの劣化
外壁材の継ぎ目に用いるコーキング剤が劣化すると亀裂箇所から建物内部に浸水する恐れがあります。水を吸った外壁は急速に脆くなります。
破風施工前
木部の塗膜の膨れや剥がれ
塗装が剥げると、放っておいた場合剥離が広がっていくことになります。早急の補修が必要です。

上記の症状が出たら、塗り替え時期の目安となります。悪いところは早期に発見し、迅速に対処してあげれば、大事に至ることはありませんし、費用もお安くなります。

外壁塗装の適正な費用相場

それでは、坪数ごとの費用相場を見ていきましょう。
下記はあくまでも目安で、塗料の種類や諸条件によって価格は変わってきますので、ご注意ください。外壁塗装の見積もりは、相場より安すぎても高すぎても良くないです。なぜなら、費用が安すぎると手抜き工事や塗料を薄めて使っている恐れがあり、高すぎると余計な費用が上乗せされている可能性があるからです。

坪数塗装面積費用相場
20坪79.2 ㎡約60~90万円
30坪118.8 ㎡約80~110万円
40坪158.4 ㎡約100~140万円
50坪198.0 ㎡約120~170万円
60坪237.6 ㎡約140~210万円
ここで記載した坪数は建物の延床面積となります。

塗装が必要な付帯箇所

塗装が必要な付帯箇所
付帯物の素材によっては塗装不要の場合もあります。

  • 見積が安すぎる場合に考えられるケース

・必要な工程を省いている。(塗装回数を減らす、雨樋や破風板は見積りに入っていないなど)

・塗料を薄めている

・安い塗料を使用している

  • 見積が高すぎる場合に考えられるケース

・下請け会社を使っておりマージンが発生している

・相場よりも単価が高い

ただし、

  • 築年数が20年や30年を超えている
  • 大きなひび割れや変形が見られるなど、外壁の状態が著しく良くない

上記に当てはまる場合、塗料を塗るための下準備(外壁表面を整える作業)に大きなコストがかかり結果として塗装工事の総費用が高くなる恐れがあります。

外壁塗装は安すぎず、高すぎず、適正価格で工事をしてくれる業者を選びましょう。

外壁塗装の塗料の種類と選び方

塗料の種類耐用年数 特徴デメリット
ウレタン塗料5〜10年 一般的に良く使われている塗料で、価格と昨日のバランスが良い。 耐久性が劣るので、
長期的な外観維持には不向き。
シリコン塗料7〜15年価格と機能のバランスが良い。
カラーバリエーションを楽しみたい方に最適。
次の塗り替えまで十分な耐久性がなく、
建物を守り続けるには不十分な場合もある。
フッ素塗料12〜20年耐久性を優先する方におすすめ。
長期間にわたり変退色、艶引けがなく耐久性において最高レベル。
コストが高めで、塗膜が硬いものが多く、
ひび割れしやすいので注意が必要。
ラジカル塗料12〜15年塗膜の劣化・変色を防いでくれる高耐候酸化チタンや光安定剤を
主成分とする。価格帯は従来のシリコン塗料、耐久力は従来の
フッ素塗料とほぼ同等。
発売日が2012年のため、他の塗料よりも実績が少ない。
無機塗料10〜25年自然界の鉱物物質で、紫外線に強く、長期にわたり状態を維持する。無機である鉱物成分を含むため、塗膜がとても硬い。
ひび割れし易い物も多く、モルタル壁などには不向き。
耐用年数はあくまで目安です

費用を安くあげるためには、安価な塗料を選びがちですが、安い塗料は耐久年数が短く、10年もたたないうちに次の塗り替えが必要になることもあります。塗り替えが多ければ、長い目で考えたときの外壁メンテナンスの総コストは高くなってしまいます。そのため、安さだけで塗料を選ぶのはおすすめできません。また、いくら15年以上もつ塗料を使用しても、建物自体に15年以上不具合がおきないとは限りません。雨漏りの原因となるひび割れ、コーキングの劣化がおきる可能性は十分にあります。あまり高価な塗料を使用しても、オーバースペックになる可能性もあります。

ここ最近は、外壁塗装用の塗料の中でも人気があるは「シリコン塗料」と「ラジカル塗料」です。

これまで一番人気とされてきたのは「シリコン塗料」ですが、最近ではラジカル塗料」も互角と言えるほど、主流になりつつあります。

また「オリジナル塗料」「OEM製品」はおすすめ出来ません。なぜなら、含まれている成分や耐久年数、費用の妥当性、実績が不明確だからです。そして、その塗料で不具合が発生していたとしても、外部に情報が出ないため気付くことが出来ません。オリジナル塗料は出来るだけ選ばない方が良いと言えるでしょう。

こちらの記事もご参考になさってください→塗料について

外壁塗装工事の流れ

施工の流れ

お家の規模にもよりますが約2週間前後とお考えください。外壁塗装は、気候の影響を受けやすい工事なので雨の日が続いてしまうと工事が進まずに工事期間が延びてしまうこともあります。

こちらの記事もご参考になさってください→施工について

色選びのコツ

色選び

面積効果に注意して色見本を見る

色見本を見て考えたいという方や、カラーサンプルを見ながらイメージをわかせたいという方もいらっしゃるかと思います。その時に考えなくてはならないのが面積効果(色の大きさによって見え方が変わってしまうと言う視覚効果)です。具体的に言えば、色見本では色が濃く見えた色が実際に外壁に塗ってみると薄く見えてしまう、というものです。

色は大きな面積になると

  • 「色が薄く明るく見える(明度)」
  • 「色が鮮やかに見える(彩度)」
  • 「色合いが強調されて見える(色相)」

と感じてしまいますので、色見本から選ぶ場合は、イメージする色より彩度と明度を下げて、色相もなじみのよい控えめな色合いを選ぶことがポイントとなります。

また、塗料のツヤにも注意が必要です。
なぜなら、同じ塗料で同じ色でも、周囲の光度や塗料の艶によって色のイメージが大きく変わってくるからです。

具体的にこの色が良い、という色を数種類まで絞ることが出来ましたら、塗装店にお願いして、大きめサイズ(A4くらい)の色見本を作ってもらってみてください。
メーカーが作成してくれる場合もあり、一週間ほど時間がかかるかもしれませんが、小さい面積よりもより大きな面積で見た方がイメージがしやすいかと思います。
もし大きめサイズの色見本を作ってくれない、取り寄せてもらえないという場合は、その業者さんは選択肢から外して、他の業者さんにお願いしましょう。大きい色見本が有料ですと言われた場合も同様です。

大きめサイズの色見本をもらった後は、それを実際に家の壁にあててみて、全体がその色だった場合はどうなのかを確認してみましょう。このときも色見本を見るときと同様、屋外に出ないと意味がありませんし、実際に塗る家の環境で見る必要があります。色は光の当たり具合でなんとでも色身が変わります。その場合、朝晩や晴れの日や曇りの日など、様々な条件で確認すると失敗が少ないです。


また、外壁塗装や屋根塗装の色選びは、カラーシュミレーターという専用のソフトで、ご自宅写真に施工後のイメージ写真が作れるので、これを利用して検討する事もお勧めです。

優良業者の選び方

外壁塗装は手抜きや不正がしやすい工事としても知られています。それだけ素人では分からない事が多い工事なので、大切なお住まいを任せられる業者選びが重要です。

代表が塗装職人の会社は信頼できる

外壁塗装業者を見極めるにあたり、一番分かりやすいのは代表者の技能。大臣もしくは都道府県の知事が認定する塗装技能士の資格取得者であれば、優れた技術を持っていることが分かります。また、塗装工事業の許可を得ていることもポイント。国土交通省および管轄する都道府県の知事から認められていれば安心でしょう。
また、外壁塗装業者の代表自身が職人であり、会社が創業してから長いという条件をクリアしているとなお良いです。以上の条件は一例に過ぎませんが、これらを満たしたところであれば取っ掛かりとして最適ではないでしょうか。

現場調査(診断)にこだわる会社かどうか

塗装工事を成功させるうえで最も重要なものが現場調査(診断)です。

正確な診断をしなければ、品質の高い塗装工事を行うことはできないからです。
外壁・屋根の劣化状況、必要な施工・補修内容、家の形状・大きさ、塗り面積(㎡)を丁寧に診断し詳細に測量することが重要です。
診断結果をもとに見積作成やご提案内容を決めていくため、30分くらいでお家を一周して、屋根は登らず下から見て終わりなどの、現場調査にこだわっていない塗装業者は選択肢から外しましょう。

地域密着型の塗装専門店であること!

外壁塗装・屋根塗装の会社を選ぶ際は、地域密着の塗装会社をお選びください。

地域で活躍しているので地域の評判が生命線です。そういった理由もあり、親切、丁寧なお客様目線の塗装工事をおこなってくれます。
そして、アフターフォローや何かあった時の対応スピードが早いです。何かあった場合は、すぐに駆けつけてくれます。大手の場合は工事を別会社に外注し、中間マージンが発生している分、費用が高くなっています。地元の会社であれば、自社に職人を持っている場合が多いので、余計な費用をかけずに済みます。

塗装工事は完成品を売っている訳ではなく、どのような工事をするかは見積もり時では決まっていないため、安い=お得、高い=ダメとはいえません。

もし相見積もりを取られましたら、まず、それぞれの会社の工事内容を確認してください。
特に下地処理にどのような工程を行うかを確認してください。
何も明記されていない場合は、下地処理の有無について確認してみるのも良いかと思います。
この時点で、下地処理の有無をうやむやに説明する業者はお断りしたほうが良いでしょう。

次に、どのような塗料で仕上げるのかを屋根、外壁ともに確認してください。

そして、1日平均何人の職人が工事に携わり、何日程度かかるのか確認してみてください。
この時点で、工事に関して何人の職人が携わるかわからないと言う業者はお断りしたほうが良いと言えます。

以上、上記の段階を踏まえ各業者に確認する過程で、対応の誠実性などを比較し、信頼を置ける会社にお願いするのが良いと思われます。
安い場合でも施工品質の低い手抜き寸前の工事の場合もありますし、高い場合でも高い施工品質を前提とした適正価格の場合もあります
もちろん、価格が安くて施工品質が高い工事が一番良いと思います。実際、このような宣伝文句を目にすることも多いと思いますが、現実は全く異なる場合も多々あります事をご承知おきください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。外壁の塗り替え、特に初めての場合は勝手がわからず不安なことが多いかと思います。
しかし、外壁を塗り替えることで、家全体が明るく生まれ変わるのはとても気持ちが良いことです。
この記事を読んで、外壁塗り替えの必要性、費用相場、塗り替え適正時期、塗り替えの基本的な流れを知っていただくことで、その不安がいくらか軽減され、希望の外壁塗り替えを行う第一歩を踏み出して頂ければ幸いです。

施工品質を落とさずにコストを下げるには、

  • 早め(築10年くらい)の塗装
  • 屋根や付帯部分もまとめて塗装
  • 価格と耐久年数を考えた塗料選び
  • 自社施工の塗装店で塗装

などが大切です。

塗装工事は正しい知識が重要な要素になっております。
決して安くはない費用を掛けるので、ためらわずに分からない事や不安なことは、積極的にどんどん聞くようにしてください。
質問にあまり答えられない業者などは、知識がなく下請け任せな会社ということもあります。

塗装は”ただ塗ること”が目的ではありません。

大切なお住まいの寿命をのばすこと」この信念のもとに昌栄は日々励んでおります。

お住まいを守る大切な塗装工事ですので、信頼できる知識のしっかりした施工店を選び、ぜひご納得の出来る工事にしてください。

-塗装工事マメ知識
-, ,