塗装工事

住宅を最前線で守っているのが塗装です!


外壁塗装は高い。
そんな大金払えないし、払いたくない。高いお金を払ってまで、外壁塗装をする意味はある?

確かに、外壁塗装は1回で平均100万円ほど掛かってしまう大工事。お金に余裕がない限り安易に頼めないですし、そもそも、ちょっとぐらい外壁が汚れていたくらいでは、外壁塗装の必要性って感じにくいですよね。

「実際のところ、外壁塗装は必要ないのでは…?」そうお考えの方も少なくないかも知れません。

ですが、先に結論を申し上げると、ほとんどの外壁は定期的な塗装が必要です

塗装本来の目的は美観を保つこともさることながら、大切なお住まいを長く守る(建物を保護する)ことです。

私たちの生活は住まいによって守られています。その住まいは屋根や外壁に守られているわけですが、屋根材や外壁材を雨や紫外線から守っているのが1mmにも満たない薄い塗膜なのです。この塗膜には寿命(耐用年数)があり、塗装がその役割を果たさなくなってしまうと建物の構造体の劣化が始まり、家の寿命が縮まってしまうことにもなります。状態に応じて屋根や外壁の「塗り替え」が必要となってくるのです。

劣化が進む前に適切な処置をすることで、お住まいの寿命を延ばせます。まずは地域のプロに診断を依頼してください。
株式会社昌栄は、塗装のことでしたら何でも対応いたします!

(初めての方はこちらもご参照ください→外壁塗装初めての始め方

塗装工事

塗り替え時期の目安

「ウチはまだまだ大丈夫」と言う前に、ご自分の目で、一度じっくりとご自宅をチェックしてみてください。気づかないうちに、住まいの老化は進みます。塗装の寿命は使用した塗料によって様々で、屋根や外壁等の施工箇所によっても異なります。お住まいの立地環境や屋根の形状、塗装の施工技術等によっては、一般的な耐用年数より早く劣化することも。下の例をご参考に、塗装の劣化サインを見逃すことのないようお気をつけください。

劣化度

下地補修・下地処理

5409外塀下地補修吹き付け

塗装工事の仕上がりを美しくするためには、丁寧な下地補修および下地処理が欠かせません。下地の品質次第で、塗装の持ちも大きく左右されますので、塗装工事においてはもっとも重要な施工だともいえます。昌栄はこの下地づくりにとことんこだわり、美しく長持ちする高品質の塗装をお届けいたしますのでご安心ください。

シーリング工事

シーリング

サイディングボードの継ぎ目やサッシ周り、屋根の隙間などを埋めるためのシーリング工事を承っております。シーリングはゴム状の素材でできており、防水効果の高い塗装工事を行なうためには、シーリングによる下地処理が必要不可欠です。

防水工事

防水工事とは建物のベランダやバルコニー、屋上などからの漏水を防ぐための工事になります。上記の箇所は紫外線や雨風等による影響を受けやすく、通常より早く防水性が失われることも珍しくありません。防水性の低下により建物内部に水分が侵入すると、構造体を腐食させ建物自体の強度が失われることも。昌栄は、建物の各種防水工事に対応しております。

ベランダ・バルコニーの防水

屋上ベランダ防水

ベランダやバルコニーに水たまりができていたり、床がヒビ割れたりしていた場合は、お早めの防水工事をおすすめいたします。建物の中でも特に雨や紫外線の影響を受けやすい場所ですので、一般的な耐用年数に関わらず定期的なチェックを行なうことが重要です。

屋上の防水

屋上の防水

屋上は常に紫外線や雨風の影響を直接受ける、過酷な環境下にあります。そのため、通常よりも早く防水が劣化してしまうケースも珍しくありません。塗料の剥がれやヒビ割れなど、気になる症状がございましたら、お早めのご対処をご検討ください。

雨漏り

雨漏り

雨漏りや屋根修繕は簡単そうで複雑な施工です。日々の生活の中で雨漏りや屋根が壊れることがそうないため、雨漏りや屋根修繕について詳しく知っている方は多くありません。

いざ屋根が壊れて、雨漏りが起きてしまった時、どのように対応したらいいのか、どうやって業者を探せばいいのか、信頼できる業者に依頼したいなど、ご不安が多くあって、困っているのになかなか1歩踏み出せない。そんな時は経験豊富な私共に是非ご一報ください。

塗装メンテナンスを行わないことによって、雨漏りが起こる可能性も十分に考えられます。雨漏りの主な原因は、屋根の劣化や外壁のひび割れなどです。日頃から塗装メンテナンスを行い雨漏りを事前に防ぎましょう。

主な雨漏りの原因

発生箇所主な原因
屋根屋根材の経年劣化、板金の劣化
外壁外壁のひび割れ(クラック)、コーキングの劣化
ベランダ表面の防水層の劣化、排水溝の劣化・詰まり
サッシの隙間の劣化
雨樋破損、詰まり
whitespace

防水工事を行う目安

安心な状態をキープし続けるためには、適切なタイミングの防水工事が物をいいます。一般的には10~15年程度が防水工事を行なう目安とされていますが、状況によっては大きく異なることも。下の例をご参考に、防水性が失われていないかを定期的にチェックされるようご注意ください。

防水工事前前回の工事から10年くらいたった
雨漏り雨漏りがしている
ひび割れひび割れを見つけた
塗装剥がれ塗装面が剥がれてる
雑草が生える躯体から雑草が生えている
苔が生えるコケが生えている

防水の種類

防水工事には、シート防水や塗膜防水、FRP防水、アスファルト防水など様々な工法があります。昌栄はその様々な工法にすべて対応しておりますので、どうぞご安心の上お任せください。豊富なノウハウと高い技術力・対応力を有する弊社が、状態に合わせた臨機応変な施工をお届けいたします。

信頼と技術の昌栄にお任せください!
昌栄はお客様の満足を何よりも重視します。

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

<受付時間9:00~18:00>
0120-603-421

工事のご相談やお問い合わせはお電話・FAX・メールにて承っております。
小さなことでもご遠慮なく、昌栄にお任せください!