塗装工事マメ知識

塗装に不可欠な足場|費用はいくらが妥当?トラブル事例とは

外壁塗装をする際に避けて通れないのが「足場」の問題です。

足場

見積書を見ると、足場に一定の費用がかかっていることがわかります。すでに見積書をとられている方の中には、

足場があった方が良いのは分かるけど、出来れば安く済ませたい。
費用は実際いくらくらいかかるの?
そもそも足場って絶対に工事するときに必要なの?


そんな風にお思いの方も少なくはないのでしょうか?

先に結論を申し上げると、足場には一定の費用がかかります。そして、その額は外壁塗装費用のおおよそ2割とも言われています。――なぜ、それほどの費用がかかるのか。
費用の削減を考え、足場代などは省きたいところかも知れませんが、足場は工事に必要不可欠なものです。そして足場費用は、実は悪徳業者に騙されやすいポイントでもあります。ここでは、足場が必要である理由、設置や解体にかかる具体的な費用などを解説していきます。契約を結ぶ前に、ぜひ記事内容をご一読ください。

外壁塗装の足場の必要性

スタッフの安全確保

安全

一般的に、2階建て住宅の高さは5~6メートルですので、必然的に足場の設置はしなければなりません。労働安全衛生法においても、2m以上の高所作業では、職人の安全性確保のために足場の組み立て等の安全対策が義務付けられています。つまり、足場を設置しないと違法ということです

足場を組んでいない場合は、良い品質の工事ができません。足場を設置せず、はしごや脚立を利用して足元が不安定な中で作業を行うと、職人の腕の良し悪しに関わらず、塗り忘れや塗り残しが出てきてしまいます。塗装の工程が予定通りに進まず、工期に間に合わせるために適当になってしまう恐れもあります。さらに、足元が不安定だったり、物を多くスペースがなかったりすると、常に落下の危険性を心配しながら施工することになるでしょう。そのような不安定な場所での施工は、作業がとてもしにくくなり、工事の品質も良くないでしょう。

足場があれば、万が一作業中に足が滑ってしまったとしても落下を防げますし、足場の周りにはメッシュシートも張ってあるのでさらに安心です。

転落事故が発生してしまった場合、お客様の精神的負担にもなってしまいます。皆が気持ちよく施工するためには、職人の安全を守る足場の設置が必要と言えます。

施工品質を保つため

足場

足場がないと施工スタッフの姿勢が安定せず位置によって作業が雑になり、ムラができてしまいます

足場を設置することによって、作業スペースが増え、足元が安定し、ハケやローラーを使うときに手元が狂いにくくなります。また、工具を持ち替えるときには、足場の板に塗料が入った入れ物や工具をいったん置いて、手を開放することも可能です。足場を組み立てなくても、脚立でも事足りるのではないかと考える方もいますが、脚立にはそのスペースがないため、足元や手元が不安定になり、物や人の落下や、施工ミスのリスクを高めてしまいます。

また、足場がないと施工スタッフの姿勢が安定しないため、きれいに塗装をすることが難しくなります。
疲れる姿勢で外壁塗装を行ってしまうと、位置によって作業が雑になり、ムラができてしまいます。例えば、断熱や遮熱機能付きの塗料を使用したところで、丁寧に塗装されていなければ、効果を発揮することができません。

足場を組まずに「工事代を安く済ませます」と言ってくる業者が時折いますが、ほんの一部の補修を依頼するわけでない限り、そのような業者には施工を任せない方が良いでしょう。

近隣への配慮

足場と飛散防止ネットと併用することで塗料の飛散を防止し、近所とのトラブルを回避します。

塗料の飛散

外壁塗装をする際は、洗浄による水しぶきや汚れの飛散、塗装中の塗料の飛散が考えられます。塗料の「飛散防止ネット」(メッシュシート)には、それらの飛散を防止してくれる働きがあります。通常、足場には飛散防止ネットをつけますが、足場を設置しない場合、このネットはつけられません。飛散防止ネットをかけないことによって、近隣住宅に迷惑をかける危険性が出てきてしまいます。仮に足場無し、はしごのみで外壁塗装をしたとして、ペンキが他の家に飛んでしまった場合も、塗装業者の工事保険は適応されないでしょう。足場を設置していないというのは業者の過失とみなされるからです。
足場もネットもない状態で、近隣住宅に汚れがついてしまうと、大きなトラブルに繋がる可能性もあるでしょう。

ご近所とうまく付き合っていくためにも、足場は必要と言えます。

足場の種類

足場にはいくつか種類があり、適切な場所に適切な足場を組むことで危険性が軽減されます。
ですが、塗装工事では「くさび式(ビケ)足場」が一般的です。作業性、安全性を確保し安心して工事を行う事が出来る足場だからです。

「工期が長引いた場合は、足場代が余分にかかるのか?」と心配されるお客様がいらっしゃいますが、工期が長くなったからといって足場代が特別に高くなることはありません。

クサビ(ビケ)足場

足場

凸凹が付いた金具をハンマーで打ち込み部材同士を接合して組み立てる足場です。一定間隔で支柱となる交換を配置しアンチと呼ばれる踏み板を固定してつくります。設置や解体が簡単で耐久性が高くコストパフォーマンスに優れています。現状で使用されている足場で最も多く使用されています。

単管足場

単管足場は、以前は丸太の木材で組まれていたものが時代に伴って鉄パイプ(単管パイプ)で組み立てられるようになったものです。一側足場として幅広く使われています。

単管パイプにクランプと呼ばれる接続金具を組み合わせてボルトで固定し組み立てます。組み立てと解体にやや手間がかかりますが、幅や高さが任意で調整できるので、ビルの隙間や狭小地などでの工事で用いられます。主に解体現場で多く使用されています。

単管ブラケット足場

単管ブラケット足場は単管足場とくさび(ビケ)足場の中間のような足場です。ブラケットと呼ばれる金物を使用して板を取りつけた形状で、単管足場に比べると動きやすいです。しかし、単管ブラケット足場がボルトを締めただけなので、ハンマーで固定したくさび(ビケ)足場より不安定でうまく組まないと揺れやすい欠点があります。

狭くくさび(ビケ)足場を組めない場合、低層の住宅の場合に用いられることがあります。

屋根足場

ご自宅の屋根の勾配(傾き、傾斜)が急な場合には、屋根足場を設置することがあります。一般的に屋根勾配が5寸以上の場合に設置することが多いようです。また屋根の上は想像以上に風の影響を受けるため、ご自宅が海に近く風が強い地域などの場合にも設置をすることがあります。屋根足場を設置することで、足元が安定しない屋根の上でも安全に作業することができます。

足場の費用、単価について

費用

足場費用は、一般的には足場架面積に足場の単価を掛け合わせることで算出されます。
建物の大きさが大きくなるほど、屋根が高くなるほど、足場の面積が増えるため金額も高くなります。
目安として、一般的な30坪程度の戸建ての場合には、足場代は15~20万円程度です。

足場架面積 = ( 建物の外周(m) + 8m ) × 家の高さ(m)
足場費用 = 足場架面積 × 平米単価(600~1,000円)

この金額には足場にかけるシートも含まれています。足場代に含まれる費用は、足場やシートを建設する、または解体する費用、そしてそれ以外にも、作業期間中の足場やシートのメンテナンスも含めた金額になります。後述しますが、お家の状況によっては費用が高くなるケースもあります。

また、単純に元々の費用が高い足場屋さんを使用している場合など業者側の理由の場合もあります。選ぶ会社によって費用に差が出るポイントです。しかし、具体的な理由が無い場合、足場代に利益を上乗せしている可能性があります。

きちんとした説明をしてくれる会社を選びましょう。

追加費用が掛かる場合

傾斜地や車両が入れないような狭い路地奥にある建物の場合
隣の建物が近く足場を建てるスペースが極端に狭い場合
足場が干渉するカーポート等がある場合
工事中に別途駐車代がかかる場合
ガードマンを依頼する必要がある場合

例えば、斜面に建っていて1階部分がコンクリートの掘り込みの車庫で、道路から家まで高低差があり、隣との隙間が狭く裏側まで部材を運ぶのが困難な場合などは運搬費がかかると思ってください。

足場に関するトラブル

足場を組むリフォームを実施する際に起こりやすいトラブルと、その対策や注意点について解説しておきましょう。

保険への加入の有無、保険の対象となる範囲を確認しておく

足場の設置や解体の際に、資材で建物や車などを傷つけてしまうことがあります。
長さのある鉄パイプなどを運ぶため、慎重に作業をしていても万が一の事故はあり得ます。

被害が発生した際、業者に補償してもらおうと思っても、塗装会社の下請けであるパターンが多いため、責任の所在が不明となってしまうことがあります。

このような事故に備え、塗装業者は「瑕疵(かし)保険」に入っています。
塗装業者が足場業者へ外注している場合には、塗装業者の保険の範囲内となるのか、足場業者の保険が利用できるのか、事前に確認しておくとよいでしょう。
そして、瑕疵保険に加入している場合は、保険の対象範囲がリフォーム箇所以外、工事関係者以外の人も含まれているかも調べておくと確実です。

自宅の敷地だけではスペースが足りない

足場のトラブルで一番大変とも言えるのが、ご家庭の敷地だけでは足場を作れないときでしょう。

家の敷地だけでは足場を設置することができない場合、隣の敷地を借りて足場を組むこともあります。早い段階から隣の家に丁重に挨拶し、協力をお願いする必要があります。隣の家の方に快諾してもらえるよう、挨拶に同行してくれるような親切な業者に依頼すると安心です。

「隣の人が留守にしている間に、勝手に組んでしまえば良い」と提案する、ずさんな業者も稀にいますが、このような無責任な会社とは絶対に契約してはいけません。
裁判沙汰になったら、不利になるのは施工を依頼した自分自身です。

多少は時間をかけてでも、他人になるべく迷惑をかけず、的確な塗装を一緒に考えてくれる会社に依頼しましょう。

庭の木や物置きが邪魔で足場を設置できない

足場を設置する場所に物置や植木などがある場合には、移動が出来れば移動をすることになるでしょう。
移動は、お願いすれば業者が手伝ってくれることが多いです。
移動が難しい場合は、物置や植木をまたいだ形で足場を設置することもあります。ただし、場所によっては植え替えが必要となる場合もあります。

地植えの大きな木で外壁にかかってしまっているものは、枝を伐採することもあります。
この場合、状況によって別途費用がかかります。

外壁の側にある車は移動させておく

足場工事の日には、基本的には車を移動する必要があります。
車を傷つけないため、そして資材の搬入スペースを確保するためです。

敷地が広い場合は、車をそのまま置いておくことができる場合もあります。
しかし、敷地内のあちこちに資材が置かれ、職人さんが大きなものを持って歩きまわるので、車の出入りは避けた方がいいかもしれません。
詳しくは業者に相談してみましょう。

足場が無料と言われた場合

悪徳業者

一部の業者、特に訪問販売で多いのが、売り文句として「キャンペーンでいまなら足場代が無料」とか「近所で塗装をしていて運搬費がかからないから足場代をタダにする」と、足場を無料にすることでお得感を出し、契約を急かす典型的な手法です。お得だと思って契約をしてしまわないようにしてください。足場は、組み立てて解体するのでかなりの労力が必要とされ、その分費用もかかります。足場の設置は安全かつ質の高い外壁塗装をする上で必ず必要で、足場工事の費用は、平均的な30坪程度の2階建て戸建てで15~20万円程度になります。このような大きな金額が無料になる事は考えにくく、他の費用に上乗せされることがほとんどです。

完全に自社の利益を削って足場無料なら良いかもしれませんが、それでも無料になるのは考えにくいです。もしも足場無料と宣伝する業者がいた場合は、その他工事に上乗せしていると考えられます。例えば、塗料の単価を200円高くするなどです。

倉庫の屋根や勾配のないトタン屋根など平坦な部位を塗装する際、かつ周囲に飛散しても問題のない場合は足場をかけずに塗装をすることがあります。その場合ですと、当然足場にかかる費用は0円となります。
ただし2mを超える高さでの作業には、足場設置などの安全対策をとることが労働安全衛生法で定められているので、一般住宅の場合足場をかけなくても良いというケースはほぼありません。


まとめ

足場は【安全確保】・【丁寧な作業】・【近隣への配慮】・【法令遵守】の観点から必要不可欠なものとなります。
費用相場は30坪2階建てのお家で10~20万円ほどですが、場合によっては追加費用が掛かるケースもありますのでご注意ください。
そして、足場費用には一定の費用がかかるため、高いと感じる方も多いと思います。しかし、そんな消費者心理につけこみ、あの手この手で罠を仕掛けてくる悪質業者がいることも忘れてはいけません。「足場を無料にします」という甘い言葉の先には、大きな罠が待ち受けています。

見積もりを見る際は足場代だけでなく総合的に判断された方がよいかと思います
足場代が1m²あたり700円だから安いとか1,000円だから高い、という風に足場だけを見るのではなく他の項目も見てみてください。
足場が安くても肝心の塗料が高ければ総合的に金額は高くなりますし、逆もまたしかりです。
何の項目にどのくらいのお金がかかっているのか、手間ではありますが1つ1つを確認し、総合的な判断をすることが業者選びで納得のいくコツです。

今回ご紹介した注意点を意識して、後々のトラブルを未然に防げたら幸いです。
何かご質問や疑問点等がございましたらお気軽に昌栄までお問い合わせください。
全力でサポートさせていただきます!

-塗装工事マメ知識
-, , ,