塗装工事マメ知識

外壁・屋根の塗装は地元業者とハウスメーカーのどっちに頼めばいいの?

地元業者と大手ハウスメーカー

私たちは、外壁や屋根の塗装を専門的に展開しているなかでお客さまからあらゆる質問をいただきます。「どんな塗料があるの?」や「どのくらいで塗り替えすればいいの?」などあらゆる質問をいただくのですが、なかでも特に多いのが「地元の業者とハウスメーカーなどの大手業者、どっちに頼んだほうがいいの?」という質問です。そこで今回はこの疑問について回答。町の塗装店の地元業者とハウスメーカーなどの大手業者の良い点・悪い点を挙げながら解説していきます。

大手業者を選ぶ良い点・悪い点

まずはハウスメーカーなどの大手業者に依頼する際のメリットとデメリットをご紹介します。

大手業者を選ぶ長所

実績の多さ

実績の多さ

たくさんの実績がある大手業者を選ぶイチバンのメリットは実績の多さでしょう。全国から発注があるので、フローが円滑に進み、質が高まります。ブランドネーム大手業者は全国的にも名前が知れ渡っています。その分、信頼感がありますので消費者からしたら、安心して施工を頼めるでしょう。

希望時期に工事してもらいやすい

大手ハウスメーカーは全国に顧客がいます。そのため、メンテナンスを委託する下請けや孫請けの職人も多く抱えています。職人の数が多いほど、希望の工期を叶えてもらいやすいです。

大手業者を選ぶ短所

金額が高い

金額が高い

ハウスメーカーはメンテナンス専門業者ではありませんので、基本的には自社に工事人はいません。そのため、外壁塗装工事は、下請けや孫請けの職人が担当します。ですので、マージン料がかかり金額が高くなります。ハウスメーカーの塗装の見積もりは高いと言われがちな理由の1つは、この中間マージン料にあります。一般的に、ハウスメーカーのマージンの割合は約1~3割です。ちなみに、金額を払った分、品質が高まるワケではありません。中間業者が多い分、施工会社に十分な金額が行き届かないので、それなりの仕上がりになってしまうケースもあります。

要望が上手く行き届かない場合がある

大手リフォーム会社やゼネコン、ハウスメーカーなどでよくあるのが、お客様を担当する営業マンが現場のことをよく知らないために、技術的な質問をしてもちゃんと答えられないことです。そのため、間に何人かの担当者が入ることで、伝達がうまくいかず、お客様の要望に沿った工事ができないこともあります。また打ち合わせをするのは大手業者ですが、実際に施工するのはその下請け、孫請け会社である場合もあります。クッションがはさまるので、要望が上手く行き届かない場合があるのが現状です。

何らかのトラブルが起こった際にすぐ駆けつけられない

迅速な対応ができない場合がある大手業者は住まいの近くで営業していません。何らかのトラブルが起こった際にすぐ駆けつけられないのは大きなデメリットですね。例えば雨漏りが発生した場合にも、ラグが発生してしまいます。

塗料の選択肢が少ない

ハウスメーカーでは、使用できる塗料が限られています。こちらの要望を伝えても、「うちではこの塗料しか塗れません」と断られてしまうケースも。またハウスメーカーは、耐久性や機能性が十分実証されている塗料・工法よりも、ハウスメーカー側で新規投入したい利益率の高い新商品や提携先の塗料を勧めることがあります。そして、メーカー推奨以外の塗料・工法を選択することが可能でも、推奨以外の塗料・工法を選べば工事後の長期保証制度の対象外になってしまうというケースもあります。ハウスメーカーの勧める塗料が、悪いわけでは決してありません。しかし、「こんな塗料で塗りたいな」「こんな機能があったらいいな」と要望がある方は、不満に感じることもありますので注意しましょう。

地元業者を選ぶ良い点・悪い点

続いて、身近な地元業者に依頼する際の良い点・悪い点です。

充填

地元業者を選ぶ長所

工事費用を安く済ませることができる

中間マージンがないので、費用が安価。塗装専門店であれば、自社で職人を抱えているためマージンがかかりません。適正価格で塗装工事をすることが出来ます。自社施工の塗装業者であれば中間マージンを取る必要がないため、ハウスメーカーや大手リフォーム会社の外壁塗装工事に比べて工事費用は割安になります

フットワークが軽く、トラブル・不測の事態への対応が早い

すぐに駆けつけてくれる地元に根ざす業者なので、何かトラブルが起きた際も、すぐに駆けつけて問題を解決してくれます。緊急でのお願いにもすぐに対応してくれるのはありがたいですよね。

地域に合った塗装ができる

地域にはそれぞれ風土があります。たとえば横須賀市だったら他の地域に比べて湿度が高いので、塗料も適したタイプを選ぶ必要があるのです。こうした情報を知っていると、よりお客さまに密着して施工ができるでしょう。

塗装に関する様々な要望を伝えやすい

こちらも地元業者ならではのメリット。打ち合わせで顔を合わせた職人がそのまま施工してくれるので、理想の塗装ができあがります。品質が向上することはもちろん、手間がかからないので、完工までのスピードも早まります。

地元業者を選ぶ短所

優良業者を自分で探さなければならない

優良な地元業者を見つけるのは難しいそれぞれ、ネームバリューがなく、どの会社が秀でているのか分からないので、信頼を持てません。特に塗装店は数が多く、なかにはスキルが足りない業者もいます。会社を選別する眼力が試されます。 自分の希望にあった業者を選ぶためには、

  • 国土交通大臣による「建設業の許可」を受けている
  • 長年地元で営業しており、施工実績も豊富にある
  • 一級塗装技能士などの有資格者が在籍している
  • 何かあった時にも即座に対応してくれる

などの条件を満たしているかどうかを業者のホームページやショールームで調べてみると良いでしょう。

優良業者を選ぶコツ

外壁塗装は、自分の目的に合った業者選びが大前提となってきます。
その上で、優良業者を選ぶコツをご紹介します。

クチコミ

口コミを参考にする

近年、ネット上では数多くの口コミが存在します。
お客様の本音が口コミとして書かれているので、どの業者が良いか悪いかの判断材料となります。
しかし、全ての口コミを真に受ける必要はありません。中には「さくら」の口コミなどもある様です。そして、口コミは本人の主観が入るため、全体的な評価を見て、評判の良い業者がお客の満足度が高い業者と言えるでしょう。

他社と見積もりの比較をする

何社か見積もりを比較することで、自分の家の費用相場を把握することができるでしょう。保証やトラブルがあった際の対応も業者によって違います。
気になる業者からそれぞれ見積もりを出してもらい、費用や保証内容を比較して、より良い方を選ぶことをオススメします。

資格を持った職人がいるかどうか確認する

外壁塗装での資格は絶対条件ではないですが、塗装技能士1級の受験条件は実務経験が7年以上必要となっており、合格には確かな技術が必要不可欠といえます。資格を持った職人のほうが塗装の専門知識は豊富にあるので、安心して工事を任せることができるでしょう。

外壁塗装業者の正しい選び方

塗装業者を選ぶ際には、塗装をどのような目的でやりたいかがポイントになってきます。
ご自身が目的を持って、何を優先したいかなどを明確にしていくことで、納得のいく外壁工事を行うことができるでしょう。

例えば、外壁の色や質感などを重視したい場合は、色々なサンプルを使ってシュミレーションしてみる必要があるでしょう。
耐久性や塗料の性能などを重視したい場合は、機能性に特化した塗料を業者に教えてもらうことも大切です
費用をなるべく抑えたい場合は、予算内で自分の希望する物に近いものを探さなければなりません。

目的を持たずに業者選びから始めてしまうと、業者の言いなりになってしまい、「完成のイメージが違った」などの後悔に繋がることも。
悪徳業者だと、「相場よりも高い金額で請求された」といったケースもあります。

ご家庭の予算や、イメージ、外壁塗装に求めるものを最初に決めておくことで、業者選びもスムーズにいくでしょう。
また、目的を決めておくとブレにくくなり、自分の理想に近づけることができます。

まとめ

株式会社昌栄

ひと言で言ってしまえば「地元業者」に依頼するほうが圧倒的にメリットが多くあります。ネットが普及する前はどこに塗装会社があるのか分からなかったので、多くの方が大手にしか依頼できませんでした。しかし今はインターネットで、身近な業者を簡単に探せます。優良業者を探す際に、まず見なければいけないのは「ホームページがあるか否か」。屋根や外壁の塗装業者を探す際は、ぜひホームページを持つ業者で会社の特徴をつかみ、ご自身が信頼できると思った業者に見積もりを依頼してみましょう。

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

<受付時間9:00~17:00>
0120-603-421

工事のご相談やお問い合わせはお電話・FAX・メールにて承っております。
小さなことでもご遠慮なく、昌栄にお任せください!

-塗装工事マメ知識
-