スタッフブログ

伊達巻の日

こんにちは!爽やかな風が吹きすさぶ(風が結構強いんです。。。)横須賀昌栄周辺です!

5月も24日目を迎えます。残り1週間、みなさん目標に向かって頑張っていらっしゃるでしょうか。そして今年に入って140日が過ぎました。時の流れは本当に早いですね。
こう感じるのは自分が年を取ったからでしょうか。。そう思いたくない!

伊達巻

さて、本日5月24日は伊達巻の日です。伊達巻の由来はどこから来たかわかりますか??


伊達政宗

そうです。あの伊達政宗です。(諸説あります)
戦国時代の武将である伊達政宗は、ヒラメの肉に卵を混ぜて焼いた「平玉子焼」という料理が好物だったといわれています。
このことから、平玉子焼はいつの間にか「伊達焼」と呼ばれるようになったそうです。

幼少期に患った天然痘のせいで右目を失明しながらも、戦国の世を生き抜いた『伊達男』でも知られる伊達政宗の辞世の句。


曇りなき 心の月を先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く

先のわからない戦国の世を月の光を頼りに進むかのごとく、自分の信じた道を頼りにひたすらに歩いてきた、という意味だそうです。


誰も自分の人生の先など見えていません。しかし、伊達政宗は自分を信じて突き進んだということです。
言葉にすると一見シンプルな事ですが、自分を信じてただひたすらに突き進むか進まないかで、きっと後々に差がでるのでしょうね。

みなさんは自分の信じた道、行きたい道を進んでいますか?

やるかやらないか、やるなら今日、今からです。スタートしましょう!

-スタッフブログ
-,