外壁・屋根の塗装は地元業者と大手業者のどっちに頼めばいいの?

  1. HOME >

外壁・屋根の塗装は地元業者と大手業者のどっちに頼めばいいの?

私たちは、外壁や屋根の塗装を専門的に展開しているなかでお客さまからあらゆる質問をいただきます。「どんな塗料があるの?」や「どのくらいで交換すればいいの?」などあらゆる質問をいただくのですが、なかでも特に多いのが「地元の業者と大手業者のどっちに頼んだほうがいいの?」という質問です。そこで今回はこの疑問について回答。町の塗装店の地元業者とハウスメーカーなどの大手業者のメリット・デメリットを挙げながら解説していきます。

■大手業者を選ぶメリット・デメリット

まずはハウスメーカーなどの大手業者に依頼する際のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • たくさんの実績がある大手業者を選ぶイチバンのメリットは実績の多さでしょう。全国から発注があるので、フローが円滑に進み、質が高まります。
  • ブランドネーム大手業者は全国的にも名前が知れ渡っています。その分、信頼感がありますので消費者からしたら、安心して施工を頼めるでしょう。

 

デメリット

  • マージン料がかかり料金が高い大手業者に依頼すると金額が高くなるケースが多くあります。それは下請け、孫請けと中間業者を雇っているから。ちなみに、金額を払った分、品質が高まるワケではありません。中間業者が多い分、施工会社に十分な金額が行き届かないので、それなりの仕上がりになってしまいます。
  • 下請け業者への伝達が行き届いていない場合がある消費者の方が打ち合わせをするのは、大手業者ですが、実際に施工するのはその孫請けの会社である場合もあります。クッションがはさまるので、要望が上手く行き届かない場合があるのが現状です。
  • 迅速な対応ができない場合がある大手業者は住まいの近くで営業していません。何らかのトラブルが起こった際にすぐ駆けつけられないのは大きなデメリットですね。たとえば雨漏りが発生した場合にも、ラグが発生してしまいます。

 

■地元業者を選ぶメリット・デメリット

続いて、身近な地元業者に依頼する際のメリット・デメリットです。

メリット

  • 中間マージンがないので、費用が安価ワンストップで対応できるから、大手業者に比べて費用が安いのは大きなメリットでしょう。
  • 伝達が早いこちらもワンストップサービスならではのメリット。打ち合わせで顔を合わせた職人がそのまま施工してくれるので、理想の塗装ができあがります。品質が向上することはもちろん、手間がかからないので、完工までのスピードも早まるのです。
  • すぐに駆けつけてくれる地元に根ざす業者なので、何かトラブルが起きた際も、すぐに駆けつけて問題を解決してくれます。緊急でのお願いにもすぐに対応してくれるのはありがたいですよね。
  • 地域に合った塗装ができる(地元の業者でしか知り得ない情報を持っている)地域にはそれぞれ風土があります。たとえば横須賀市だったら他の地域に比べて湿度が高いので、塗料も適したタイプを選ぶ必要があるのです。こうした情報を知っていると、よりお客さまに密着して施工ができるでしょう。

 

デメリット:優良な地元業者を見つけるのは難しいそれぞれ、ネームバリューがなく、どの会社が秀でているのか分からないので、信頼を持てません。特に塗装店は数が多く、なかにはスキルが足りない業者もいます。会社を選別する眼力が試されますね。
■まとめ

ひと言で言ってしまえば「地元業者」に依頼するほうが圧倒的にメリットが多くあります。ネットが普及する前はどこに塗装会社があるのか分からなかったので、多くの方が大手にしか依頼できませんでした。しかし今はネットがあり、身近な業者を簡単に探せます。優良業者を探す際に、まず見なければいけないのは「ホームページがあるか否か」。屋根や外壁の塗装業者を探す際は、ぜひホームページを持つ地元の業者に依頼しましょう。

© 2021 横須賀の外壁塗装・屋根塗装の専門店 株式会社昌栄です!