スタッフブログ

3月10日ウクライナのようなことが東京でもあった

皆さんこんにちは!2022年3月10日、本日は晴れの横須賀昌栄周辺です。
花粉は相変わらず真っ盛りです。

1945年3月10日、東京で10万という尊い命が失われました。東京大空襲から今日で77年を迎えます。
今現在ウクライナで起こっていることが、77年前には日本でもあったのです。
この戦争というとんでもない時代を乗り越え、今日の日本を作って下さり、我々に命を繋げて下さった世代の方々には感謝してもしきれませんね。

ウクライナ国旗


そして、現在コロナ渦ではありますが、日本では普段通りの生活が出来ていますが、ウクライナでは一方同じ時に生命の危機に瀕している方々が大勢いらっしゃいます。
いつどんな事が我々の身の上に降りかかってくるのか。
決して他人事とは言い難いです。

東日本大震災

2011年の東日本大震災発生から明日の3月11日で11 年になります。今も3万8139人が避難生活をしていらっしゃるそうです。

戦争の事もそうですが、このような悲しい出来事を忘れない事、たったそれだけでも各々が出来ることをしていく事が、残された私たちに出来る使命でしょう。

人間はいつ死ぬか分からない、とはよく言われますが、でも心のどこかで「自分はそんなことはない」と思ってしまいます。
日々の生活に追われ毎日何となく過ごしがちですが、今日明日はウクライナの惨劇や、大震災の事を振り返り、1日1日を大切に過ごすという事を考えてみてはいかがでしょうか。

-スタッフブログ
-