外壁塗装豆知識

防水工事で風雨に負けない安心を手にしませんか?

  1. HOME >
  2. 外壁塗装豆知識 >

防水工事で風雨に負けない安心を手にしませんか?

雨災
皆さん、こんにちは。近年、自然災害が非常に増えています。台風も多く、風や大雨のせいで家が雨漏りして困った方もいらっしゃるかもしれません。この機会に自宅の防水対策について考えてみませんか。

■防水工事とは何か、なぜ必要? 

防水工事とは、建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理して、建物内部に水が染み込むのを防ぐための工事のことです。工事が必要な理由は、ずばり「建物の寿命を長くするため」です。鉄骨に水分は禁物ですから、特に鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要なのです。一度漏水してしまうと、損害は建物内部に及び、建物の耐久性能が著しく低下してしまいます。住宅の屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分は、雨風や直射日光にさらされて、防水層も劣化しがちです。そのためこのような箇所の防水工事は非常に大切なのです。

■防水工事の各種工法に対応できる昌栄の技術

昌栄は、現場の状況に応じてさまざまな工法で施工します。その種類と方法について簡単に説明しましょう。

【塗膜防水工法】
防水処理

ウレタンゴム系の塗膜によって防水層を作るため、「下地に塗るだけで防水層を作れる」工法です。塗布なので、施工場所の形状が複雑でも簡単かつ確実に施工できて、しかも軽量です。トップコートに上塗りしていくことができるため、メンテナンスが簡単で、長期間防水性を維持することが可能です。

【FRP防水工法】
防水処理

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を使用して防水層を作る工法です。ガラス繊維のおかげで非常に強度が高く、耐候性、耐蝕性、耐水性にすぐれています。屋上やベランダ、バルコニー等でも安心して使用できるのが特長です。防水層は継ぎ目のないシームレスな構造になり、外観もきれいです。

【アスファルト防水工法】

アスファルトを含む合成繊維不織布で作られたシート状のルーフィングを貼り重ねることによって、高い水密性を持つ防水層を作ることのできる工法です。防水層が厚く連続しているため、施工のばらつきが少なく、信頼性の高い工法です。

■防水工事をおこなうベストなタイミングと季節とは?
ひび割れ

建物の寿命を延ばし、安全・安心な状態をキープし続けるためには、適切なタイミングでの防水工事が必要です。一般的には10~15年程度が防水工事をおこなう目安です。しかし、中にはもっと早くに手を打たなければならない場合もあります。ちょっと建物に注意を向けて見れば、専門家でなくても、以下のような防水工事が必要なサインを見つけることができます。・前回の工事から10年くらいたった ・雨漏りしている ・ひび割れを見つけた ・塗装面が剥がれている・壁面などにコケが生えている ・建物から雑草が生えているこのような症状が見られる場合には、一度専門家にチェックしてもらってください。四季のある日本では、季節によって気温や湿度も異なります。いつ急な防水工事が必要になるか分かりませんから、暑い時期には暑いなりの、寒い時期には寒いなりの、そして雨が多い時期にはそれなりの施工方法があります。しかし、あえて言うなら、塗料の乾燥に適した夏の終わりから冬までが工事の適正時期と言えるでしょう。昌栄は、お客さまを始めとした関係者様やスタッフなど、あらゆる方々との信頼関係を財産だと考えています。工事を終えたあとも、末永くおつきあいさせていただけるよう、心を込めて施工させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

 

メールでのお問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせはこちら

<受付時間9:00~17:00>
0120-603-421

工事のご相談やお問い合わせはお電話・FAX・メールにて承っております。
小さなことでもご遠慮なく、昌栄にお任せください!

-外壁塗装豆知識